専業主婦は銀行で借入できるの?

「専業主婦は銀行で借入できるの?」という疑問を抱えている女性は多いかもしれません。

 

私も、「専業主婦や無職、ニートは銀行で融資を受けられない」というイメージを持っており、安定した収入のあるサラリーマンが利用するものだと思っておりました。
しかし、実は銀行でも消費者金融でも20歳以上という利用条件を満たしていれば、主婦でもカードローンを発行して借入できることを知ったので少々ビックリしております。

 

「夫に内緒でお金が欲しい」「直ぐに返すからお金を借り入れたい」と悩んでいる女性は、審査の緩い金融機関を利用するのが最適です。

 

ただし、どの金融機関でも「安定した収入」を信頼の目処としており、一切の収入がない専業主婦は申し込みができません。
パートやアルバイトで一定の収入を得ている兼業主婦ならばまだしも、専業主婦の場合は自分一人の力で借入はできないと頭に入れておく必要があります。

 

私の場合は完全な専業主婦で一定の収入はなかったので、銀行カードローンでは申し込みができないと言われてしまいました。

 

「それでもキャッシングしたい」と考えている専業主婦は、旦那さんの収入でカードローンの審査を受けて借入するしか方法はありません。

 

・旦那さんの本人確認
・旦那さんの年収
・旦那さんの勤続年数
・旦那さんの会社に在籍確認の電話

 

専業主婦の自分ではなく旦那さんが審査される形となるため、収入が安定していれば審査には通ります。

 

私も少々勘違いしておりましたが、専業主婦が銀行で借入するためには夫の力を頼らなければならないのです。

 

専業主婦の借入に関する口コミについて

専業主婦の借入に関する口コミをインターネットで見ていると、意外とお金で困っている方が多いことが分かりました。

 

不景気で夫の収入が上がらず、切り詰めた生活を送っている専業主婦は多いはずです。
そんな時に利用できるのがキャッシングやカードローンで、低額借入枠を設定している専業主婦専用のカードローンを利用している方は増えております。

 

・やり繰りが下手糞で生活費が足りなくなることが多い
・旦那さんには当然のように内緒で借りています
・住宅ローンのような大きな金額ではないので相談はしていない
・金銭感覚がしっかりとしていないので家計が直ぐに苦しくなる

 

上記のような口コミがインターネット上では流れており、私と同じように借入したいと考えている専業主婦は意外と多いようですね。

 

カードローンの種類によっては低金利で低額借入枠を設定すれば専業主婦でも利用可能ですが、独自の判断ではなく一度夫に相談した方が良いと思いました。