祝儀代を借りる

様々な出費が重なり合って生活が苦しくなり、結婚式の祝儀代が払えないという状況に陥ることはあります。

 

私は職業柄結婚式に出席する機会が多く、1ヶ月の間に複数回もあると祝儀代を借りるしか方法はないのではないか、というくらい生活が苦しくなることがあるのです。
結婚式の祝儀代の相場は大よそ3万円だと言われており、気持ちで渡すものでも1万円しか包んでいないと相手の気分を損なうかもしれません。

 

インターネットの口コミでは、「結婚式に招待した時に友人から渡された祝儀代が1万円しかなくて腹が立った」という意見がありました。

 

確かに、「たったの1万円なの?」「常識がないの?」と考える気持ちは分かるものの、渡す立場からすれば祝儀代を借りてまで支払わなければならないのか疑問を感じるはずです。
結婚式の祝儀代がどうしても足りない時の対処法としては以下が挙げられます。

 

・結婚式を欠席する
・祝儀を少なめに渡す
・家族や友人からお金を借りる
・キャッシングする

 

もし、親しい間柄ならば欠席は避けた方が良いですし、せっかく招待されたのだから祝ってあげるべきです。

 

私も祝儀代を支払うのが苦しくて一時は欠席を考えましたが、友人のためを考えると出席して祝ってあげたいという気持ちになりました。
祝儀を少なめに渡すと上記のように不快感を与えてしまうかもしれないので、お金を借りるのがベストなのではないでしょうか。

 

親に借りられるならば相談してみるのが良いですし、現在では銀行や消費者金融のカードローンを使用するという方法があります。

 

祝儀代ならば3万円を包めば何も文句を言われることはありませんし、30日間無利息キャンペーンを実施しているキャッシング会社も現在では多いのです。
30日間以内に返せば利息は発生しませんし、一時的に経済状況が苦しい時に重宝する存在となっております。

 

以前はキャッシングに対して悪い印象しか持っておらず、借金と同じなのでこれは仕方がないかもしれません。

 

しかし、現在では誰もが安全にお金を借りられる方法として知れ渡っておりますし、きちんと返済計画を立てれば借金が膨れ上がることは絶対にないはずです。
消費者金融ならばインターネット上の手続きだけで即日や翌日の融資も可能ですし、祝儀代の3万円程度ならば簡単に借りることができます。

 

審査スピードや融資スピードが早いところが魅力ですし、少ない額ならば直ぐに返せるはずなので、必要に応じてカードローンを利用してみてください。